鳴門市ドイツ館

鳴門市ドイツ館からのお知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 【10/15〜12/27】「第九」アジア初演100周年記念・ユネスコ「世界の記憶」登録...

【10/15~12/27】「第九」アジア初演100周年記念・ユネスコ「世界の記憶」登録推進講演会・特別展開催

2018年09月14日掲載 イベント
特別展「板東に生き祖父を想う」━友愛の記憶part3━
 板東のもとドイツ人捕虜の子孫、ぺトラ・ボルナー氏より寄贈いただいた新たな資料を中心に企画展示いたします。
期間:10月15日(月)~12月27日(木)
   ※ドイツ館休館日の10月22日、11月26日、12月25日は特別展もお休みです。
時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
場所:ドイツ館2階企画展示室
入場料:大人400円 小中学生100円

講演会「板東に生きた祖父を想う
 板東の元ドイツ人捕虜であったグスタフ・メラー氏とヨハネス・バート氏の子孫、ぺトラ・ボルナー氏とマイケル・コーバー氏に、祖父の思い出や孫として学んだこと、残された資料から想うことなどについてお話いただきます。祖父が板東で過ごした時間を無駄にせず、平和な時代を築く一助となることを目的とします。
日時:10月27日(土)午後1時30分~午後4時
場所:ドイツ館大会議室
講師:ぺトラ・ボルナー氏(スイス在住)、マイケル・コーバー氏(東京在住)
入場料:無料※(2F見学の場合は大人400円 小中学生100円いただきます)

詳しいお問い合わせ先は
鳴門市ドイツ館 088-679-9110
イベント概要
開催場所 鳴門市ドイツ館
開催期間 2018年10月15日 ~ 2018年12月27日
※ドイツ館休館日の10月22日、11月26日、12月25日は特別展もお休みです。
料金 大人400円 小中学生100円
お問い合わせ先 鳴門市ドイツ館 088-679-9110

TOPへ戻る

板東俘虜収容所関係史料のユネスコ記憶遺産への登録を目指しています