鳴門市ドイツ館

鳴門市ドイツ館からのお知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 【12/5〜2020.1/31】板東以前の捕虜収容所 ードイツ兵捕虜が板東に来る前にいた収...

【12/5~2020.1/31】板東以前の捕虜収容所 ードイツ兵捕虜が板東に来る前にいた収容所を見るー

2019年12月06日掲載 イベント
板東俘虜収容所は1914(大正3)年の日独戦での青島陥落後すぐに開設されたものではなく、設置は2年半近く経た1917(大正6)年4月のことでした。その時に板東来たのは四国島内の三個所(松山・丸亀・徳島)に収容されていた人たちですが、その後1918(大正7)年8月には久留米からの90名が加わっています。ちなみに久留米から来た捕虜の中3分の2は日本へ来た当初、熊本に収容されていました。

今回の展示では、これらの収容所がどのようなものであったのか、施設の様子や捕虜の生活と活動などを中心に紹介します。それと同時に、板東以前と以後にどのような相違と類似点があるのか、また板東に引継がれたものを探ってみます。
イベント概要
開催場所 鳴門市ドイツ館 2階企画展示室
開催期間 2019年12月05日 ~ 2020年01月31日
9:30~17:00(入館は16:30まで)
※12/23(月)、12/28(土)~12/31(火)、1/27(月)は、休館となります。
料金 大人400円 小人100円
お問い合わせ先 鳴門市ドイツ館
〒779-0225 徳島県鳴門市大麻町桧字東山田55-2
TEL 088-679-9110

TOPへ戻る

板東俘虜収容所関係史料のユネスコ記憶遺産への登録を目指しています