鳴門市ドイツ館

鳴門市ドイツ館からのお知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 【11/10】第10回 RAKUGO×ドイツ館 笑っちゃう会

【11/10】第10回 RAKUGO×ドイツ館 笑っちゃう会

2019年09月20日掲載 イベント
◆日時◆
2019年11月10日(日)
開演14:00 (開場13:30)

◆場所◆
鳴門市ドイツ館 1階大ホール

◆料金◆
大人500円 小中学生150円 (未就学児は基本不可)
 ※鳴門市ドイツ館・鳴門市賀川豊彦記念館の共通入館料として

◆チケットについて◆
[販売所]
・鳴門市ドイツ館 1階インフォメーション
 (応対時間 9:30~17:00)※10/28(月)は休館日
・鳴門市うずしお観光協会 〈鳴門市撫養町南浜字東浜165-10 うずしお会館1階〉
 (応対時間 9:00~17:00)

[問い合わせ]
鳴門市ドイツ館 TEL 088-689-0099
 (応対時間 9:30~17:00)

◆定員◆
250名

◆出演◆
落語:上方落語家 林家竹丸
解説:四国大学教授 須藤茂樹

◆内容◆
江戸時代に確立した落語は、現代にも受け継がれている日本の伝統芸能です。「笑っちゃう会」はドイツ館を寄席として行われる落語会。ドイツ館の秋の恒例行事となり、今回でめでたく第10回を迎えることができました。上方落語家 林家竹丸さんによる二席の落語と、寄席の演芸・南京玉すだれを笑っちゃう会初披露されます。また、四国大学教授 須藤茂樹氏(元徳島城博物館学芸員、徳島で江戸落語を楽しむ会)による落語解説や林家竹丸さんとの対談もあり、落語好きの方から初めての方まで、皆様に楽しんでいただける落語会です。ドイツ館と落語、異色のコラボレーションが生み出す奇妙な面白さを、是非一度ご覧ください!

◆プログラム◆
[演目]
・天災
家族にも暴力をふるう気の短い男が、心学の先生から教わったものは・・・。
・立候補
児童会の会長選挙に出馬することになったアツシ君。頼りない彼に勝ち目はあるのか。

[演芸]
寄席の演芸・「南京玉すだれ」

[対談]
・石門心学とは?
 ー落語「天災をめぐって」-

◆アクセス◆
【JR】JR高徳線「板東」駅から徒歩約20分
【バス】JR鳴門駅より徳バス大麻線「ドイツ館」下車
【車】高松自動車道「板野」ICより約10分
   徳島自動車道「藍住」ICより約15分

◆駐車場◆
無料(100台)

◆お問い合わせ◆
鳴門市ドイツ館
〒779-0225 徳島県鳴門市大麻町桧字東山田55-2
TEL:088-689-0099  FAX:088-69-0909

◆協力◆
徳島で江戸落語を楽しむ会
 
イベント概要
開催場所 鳴門市ドイツ館 1階大ホール
開催期間 2019年11月10日
開演14:00 (開場13:30)
料金 大人500円 小中学生150円
 ※鳴門市ドイツ館・鳴門市賀川豊彦記念館の共通入館料として
お問い合わせ先 鳴門市ドイツ館
〒779-0225 徳島県鳴門市大麻町桧字東山田55-2
TEL 088-689-0099 / FAX 088-689-0909

TOPへ戻る

板東俘虜収容所関係史料のユネスコ記憶遺産への登録を目指しています